たこやきレインボー

 発行:STARDUST PROMOTION

レポートレポート

なにわンダーアドベントレインボーツアーSP

2015.10.31(土)
@なんばhatch

10月31日、たこやきレインボーのフリーイベントツアー「なにわンダーアドベントレインボーツアー」4本目であり、SP版でもある「たこ虹ハロウィン」が開催された。過去3回のフリースペースと違い、今回はSP版とあって、場所も関西最大級のライブハウス「なんばhatch」。秋晴れの中、彼女たちの地元でのフリーイベントに興奮しきった多くのファン、通称「たこ虹家族」が、hatch前に溢れ返っている。今回は、12月16日リリースのシングル「クリぼっちONE DAY!!」のツアーであると同時に、11月21日にTOKYO DOME CITY HALLにて開催される「なにわンダーランド2015」の前哨戦でもある非常に大事なツアー。今までのツアー結果を見せるには、最適の場所である。

2年ぶりの「たこ虹ハロウィン」という事もあり、昼2時開演のイベントながら、場内は満杯…、それもハロウィンの仮装をしっかりとしてきているたこ虹家族ばかり。前説は、マネージャーこと番長とダンスの先生ことモコちゃんのふたりが務める。メンバーを驚かせるため、メンバー登場曲であるマイケル・ジャクソン「スリラー」に合わせ、たこ虹家族にダンスと掛け声をレッスン。時間をかけて仕込み、ようやくメンバーたちが現れるが、たこ虹家族を見つめて「何これ!?」と一言で終わるリアクションの薄さ…。番長の判断で再度やり直しするが、2回目もイマイチとなり、結果3回も登場シーンをやる事に! 

そして、ようやくメンバーそれぞれの仮装について説明がされていく。
春名真依は他のメンバーと比べ、少し毛色が違うアーミースタイル。根岸可蓮は急遽本番前にツインテールを短めにするなど、細部にまでこだわった天使スタイル。清井咲希は耳飾りが何とも言えない、キュートなうさぎスタイル。彩木咲良は、衣装からネイルまで赤と黒で統一してきた小悪魔スタイル。堀くるみは自身がナポレオンとの区別がつかない中、必死にキャラをアピールする海賊船長スタイル。たこ虹家族からの質問も、キャラになりきって何とか乗り越えていく!地元ならではのアットホームな雰囲気でイベントは進行し、その場にいる全員が今ツアーの中でも特別さを感じている事がわかるし、とにかく伸び伸びとリラックスしている。ツアーを回るごとに、飾りを増やしていっているクリスマスツリータペストリーに新たな飾りつけをして、大いに盛り上がった第一部トーク編を終了させた。

満を持して始まった第二部ライブ編、オープニングナンバーは今年5月発表の4thシングル関西限定盤のみ収録の「叫べ!ガウガール」。キャッチ―なサビが印象的な勢い良い楽曲。さっきまでのトーク編での緩やかな雰囲気を、一気に変えてしまう。続くは、「めっちゃPUNK」。パンクナンバーだけに、メンバーが「 No Future!!」と叫ぶのが、痛快であり、かっこいい。あっという間にフロアから「オイ!! オイ!!」と大コールが巻き起こる中、メンバーはハロウィンのお菓子をばら撒きながら、豪快に踊っていく。「HEY HO! LET'S GO!!」の掛け声も、本家ラモーンズばりに様になっている。パンクからサンバへとカラフルに変化しての「ナンバでサンバ2」。より陽気な雰囲気に包まれ、ステージでは5人がサンバパレードの様に心から楽しそうにステップを踏んでいる。歌詞でも自分たちを「しょうもない!」と言いつつも、「今のところ これでいいんです!!」と最終的に言ってしまうあたりが、現在の彼女たちの決意表明を聴いているようで潔いし、ハッピーなナンバーにも関わらず、思わずグッときてしまう。そのままの勢いで、ちんどん調やお囃子を彷彿させる独特のビートを持った「踊れ!青春カルナバル」。爆発力を増す、このナンバー終わりでMCへ。
堀から12月16日リリースのシングル「クリぼっちONE DAY!!」が初披露される事が告げられると、より、たこ虹家族はヒートアップ状態に! クリスマスナンバーだけにジングルベルなサウンドが鳴らされるが、一瞬で展開が畳み掛けるように目まぐるしくチェンジしていく。だが、歌メロは至って正統派のメロディーであり、勢いの良さと穏やかさ両方が楽しめる何とも贅沢な新曲。歌い終わり、新曲の振り付けが、いかにシンプルで一緒にやりやすいかを、たこ虹家族に話しかける。そういうところからも、彼女たちが応援してくれる人々に心から感謝している事が伝わってきた。改めてハロウィンのお菓子とメッセージ付きコースターをフロアに投げた後、メンバーそれぞれが今日の感想を、まるでお礼のように述べていく。
ラストナンバーは、物凄い衝撃を感じる事ができる最大級の爆発力を持った「たこ虹物語〜オーバー・ザ・関ヶ原〜」。「物語は続く」という歌詞が未来のたこ虹を想像させてしまい、必ずしも今後の活動を見守りたいと思ってしまう。根岸の衝動に身を委ねた叫びフレーズも、最高にかっこ良かった。限界まで歌い踊った後の「まいどオおおきに!」という言葉は、本当に響いてくる。ステージの端から端まで丁寧に挨拶をして、最後はメンバー全員で手を繋ぎ、高々と手をかかげて、深々と頭を下げる。マイクを通さず、全力で叫んだ「ありがとうございました!」
たこ虹の成長、進化は…まだまだ続く。(文:鈴木淳史)

【セットリスト】
1. 叫べ!ガウガール
2. めっちゃPUNK
3. ナンバでサンバ2
4. 踊れ!青春カルナバル
5. クリぼっちONE DAY!!
6. たこ虹物語〜オーバー・ザ・関ヶ原〜

page toppage top