たこやきレインボー

 発行:STARDUST PROMOTION

レポートレポート

なにわンダーアドベントレインボーツアー②

2015.10.17(土)
@エアポートウォーク名古屋

初日の千葉・幕張公演も大盛況だったフリーイベントツアーの2本目は、なんと約2年ぶりのライブ開催となる東海エリア。会場は愛知県西春日井郡にあるエアポートウォーク名古屋だ。長い間5人を待ちわびたファンの思いが天に通じたのか、この日は見事なまでの秋晴れ。朝から整理券を求め集まる人の気持ちにも拍車を掛ける。

開演は13:00だが12:00過ぎ、既にイベントスペースは5色それぞれのTシャツを着た人々が埋め尽くし、なかにはSEに合わせダンスの予習をする人も…。女性や子供の姿も多く見られ、“たこ虹人気”が東海エリアにも十分に広がっているのを感じさせる。空港だったという開放感ある広い会場は、ステージのある3Fから4Fが吹き抜けになっていて、その4Fにも多くのファンが押し寄せる。

そして少し遅れて13:07、ついにライブがスタート! 大きな手拍子とコールに迎えられたメンバーは縦1列に並び、1曲目は「ナンバサンバイジャー」から。イントロ、彩木の伸びやかなボーカルが大きな会場に響き渡り、ファン以外の来場者も集まり出す。5人はラップパートもビシッとキメ、仕上がりも上々の様子。ファンも負けじと息の合った“フッフ〜!”とコールを挟み、“たこ虹家族パワー”をステージにぶつける。その勢いに乗せられるかのように、次はさらにテンポアップして「絶唱!なにわで生まれた少女たち」へ。清井がソロパートで、キュートさをフルアピールすれば、フロアにはメンバーのダンスと同じく、ファンによる円陣が現れ…といった具合にライブは早くもヒートアップ!

そんな熱を帯びた会場に向け、堀が「もうかりまっか〜?」と呼びかけ、MCタイムへと突入する。
堀「やっとかめ〜!」
彩木「あ、久しぶりって意味らしいね」
と、早々に“名古屋トーク”を展開したかと思えば、
春名「ひつまぶし、好き! 家族が名古屋好きで、休みはよく大須(名古屋市内の商店街)とかに行ったり…」
と、思わぬ“名古屋愛”も明かす。また、
清井「『BOMBER-E』(名古屋のテレビ局・メ〜テレの音楽番組)の収録もして来て…。12月12日(土)のオンエアを見てください」
と、さらに東海のファンを沸かす告知をドロップ。そして12月16日(水)発売の待望の5thシングル「クリぼっちONE DAY!!」」のお知らせも…。この新曲はクリスマスソングということで、これにちなみ舞台上にはツリーのタペストリーが出現! 実はこれに今ツアーの公演ごとにオーナメントを飾ることになっているらしい。今回は5人を代表して根岸が雪だるまの飾りをオン! 続いていつもの自己紹介に…。
堀「くるみ…だぎゃ(笑)?」 
春名「名古屋スプラーッシュ!」
と、ここでも東海エリア用のリップサービス盛りだくさんで会場を沸かす。
根岸「ドキドキで〜すっ!!!」
のキメゼリフが会場にこだまして、ライブは中盤戦へ!

まずは「たこ虹物語〜オーバー・ザ・関ヶ原〜」。拳を突き上げ歌うパワフルなサビ、軽快な関西弁のセリフで観客を引き込む。次の「ナンバでサンバ2」で、辺りはいっきに南国のリラックスムードにチェンジ。指を使った“たこやきポーズ”をレクチャーして会場に一体感を生み出すと、今度は「めっちゃFUNK」の続編「めっちゃPUNK」でロック色を打ちだし、たこやきレインボーの多面的な魅力を見せ付ける。エアギター風のダンスで髪を振り乱し踊る姿に、会場からもロック魂あふれる“オイ!オイ!”コールが巻き起こる。ステージもフロアもいっきに熱くなったこのナンバーには、彩木自身も思わず「めっちゃ盛り上がったな、この曲」との言葉が! そしてテンションが上がり切ったファンに向け…。
根岸「また(東海エリアに)来られるように頑張ります!」
彩木「関西にも来て欲しいな〜」
春名「おいしいもん、めっちゃあんで!」
と煽り、ラスト「おいでやす!〜たのしかしましオオサカ〜(仮)」へ。アイドルらしさをまとったこのガーリーなナンバーで、5人は順にエモーショナルな歌声を披露し、これでもかとファンのハートをガッチリわしづかみにする。その後、ステージから観客をバックに記念撮影をしてライブはフィニッシュ! その撮影時もファンの要望に応え、彩木「名古屋っぽいポーズは? え、しゃちほこ?? 大丈夫かな(笑)」と言いながら、姉貴分であるチームしゃちほこのポーズを取るというサービス精神で楽しませてくれた。

全6曲、時にコミカル、時にキュート、時にヘビー…まさに虹のごとく、さまざまなカラーで観客をとりこにした、たこやきレインボー。久しぶりの東海エリア公演にも関わらず、のびのびと自分たちらしいパフォーマンスを繰り広げた。これにはファンも満足度200%で満面の笑顔になるのも納得。その証拠に最後の「おおきに〜!」の5人の言葉に、拍手はなかなか鳴り止まなかった。(文:服田 昌子)

【セットリスト】
1. ナンバサンバイジャー
2. 絶唱!なにわで生まれた少女たち
3. たこ虹物語〜オーバー・ザ・関ヶ原〜
4. ナンバでサンバ2
5. めっちゃPUNK
6. おいでやす!〜たのしかしましオオサカ〜(仮)

page toppage top